白髪染め ガイド

白髪染め

最近若い方で白髪に悩む方が増えてきています。

 

年々若年化しているしらがですが、いくつか予防法もありますね。

 

まず白髪になる原因ですが、一つにはストレスがあります。

 

特に若しらがの場合には会社での圧力や仕事上のストレスによってしらがが一時的に増えることも実証されています。

 

しらがにならない場合も円形脱毛症になってしまったなど、脱毛や脱色と心因的な要因は密接に関係しているようです。

 

予防法、ストレスが原因で白髪になっている場合にはストレス解消法を見つけることが一番良いと言えます。

 

スポーツでリフレッシュする、カラオケに行く、好きなものを思い切り食べるなど人それぞれストレスの解消法は違うと思いますが、すっきりとすることが大切なのです。

 

それからもう一つの予防法として生活スタイルを整えることがあります。

 

体内時計のリズムが崩れるとしらがになるとも言われているので、まずは体内時計を合わせることから始めてみましょう。

 

人それぞれ体内時計のリズムは違うと思いますが、例えば普段は10時に眠りにつく方が仕事などで深夜12時くらいに眠る生活が続くと白髪になることがあります。

 

仕方がないことかも知れませんが、なるべく早く眠れるように心がけていきましょう。

白髪をなくす方法

しらがが生え始めた方にとって白髪をなくす方法は非常に気になるものだと思います。

 

しらがをなくす方法は大きく分けると2つあります。

 

まずは白髪を目立たなくするということです。

 

これは所謂白髪染めになります。

 

そしてもう一つの方法が白髪自体を生えなくする方法になります。

 

白髪染めは市販の白髪染め液を使って染めるか、美容院等で染めてもらうことになります。

 

ですが、白髪染めという方法は髪の毛を傷めてしまうことになり、抜け毛の原因になったり、しらがが増えることもあります。

 

白髪をなくす方法で一番良いのは根本的に白髪をなくすことだと言えます。

 

その方法としてはサプリメントを飲む、白髪の原因の一つであるストレスを失くす、頭皮環境を良くするなどがあります。

 

すぐにでも始められる方法としてはシャンプーを変えることがあります。

 

頭皮環境を改善するアミノ酸シャンプーやトニックシャンプーなどは市販されているのでドラッグストア等ですぐに購入できるのです。

 

白髪によって本当の年齢よりも老けて見られることもあるので白髪を改善して若々しい自分を取り戻しましょう。

 

また、若い方で白髪がある若白髪の場合には今改善しておくことで頭皮環境が良くなるので年を取っても抜け毛等に悩まされなくなる可能性が高いです。

 

次に市販されてる白髪染め、ネットで買えるヘアカラーなどさまざまな白髪対策の商品が出ていますが、その商品の種類についてまとめてみました。

白髪染めの種類

白染めとひとまとめにして言っていても、その白髪染めの中にはいろいろな種類があり、それぞれ、メリット・デメリットが存在します。

 

まず最初に、白髪染めの種類をご紹介しますね。

 

管理人個人は、これらの白髪染めを組み合わせて利用しています。

 

全般的に白髪が多いので日々の手入れがもう大変なんです。

 

では普通に白髪染めと言われているのが次のヘアカラー。

 

ウエラとか市販されてる有名なヘアカラーがありますが、あんな感じの白髪染めが代表。

 

ウエラトーン2 1 白髪染め クリームタイプ 7GM

新品価格
¥1,277から
(2017/1/23 15:48時点)

 

このタイプは美容院や理容でも使われていますね。

 

この間、主人が聞いてきたんだけど、床屋の旦那さんが白髪染めは化学薬品だから身体に悪いんです。

 

もう有名なんですがジアミンという成分、これヨーロッパで発がん性が確認されて久しいですよね。

 

ただ、一般的な白髪染め(ヘアカラー)は、染めるのが目的なので、よく染まるんです。

 

なので、このヘアカラーを2ヶ月に一回に抑え、残りは髪にいい成分の入ったヘアカラーシャンプーとかトリートメントを併用するといいって言われました。

 

なので、そうしてます。

 

@ヘアカラーの仕組み

 

ヘアカラーは髪のメラニンを化学薬品で分解し、染料を髪の内から入れて染める方法です。

 

原料が化学薬品なので頭皮が荒れる方もいます。

 

アレルギーを起こす方もいます。

 

実際に美容院に行って染めてもらって翌日すごく肌荒れしてた子がいました。

 

染めた髪が顔にかかってそれでかぶれたみたいに赤くなってました。

 

そういうこともあるので、バッチテスト必須ですよね。

 

その美容院さん、テストしたかどうか定かではないんですって。

 

なのであとあと揉めてましたよ・・・(^_^;)

 

このヘアカラーのメリット・デメリットをまとめておきますね。

 

※メリット

 

何と言っても化学薬品で染めるのできちんと染まります。

 

シャンプー後の色落ちがなく、2ヶ月は持ちます(管理人の場合)

 

ただし、2ヶ月も経つと今度は生え際が目立ってくるので生え際対策が必要になります。

 

※デメリット

 

人体によくない、髪にもよくない。

 

(主人の話によると、相当、身体によくないみたいですよ)

 

アレルギーを持ってる方は無理。

 

実際に染める時、手間がかかるので、美容院などプロにやってもらうといいです。